PFOS規制、ニッケル規制、アゾ染料の規制、GSマーク認証のPAH評価等の規制物質用途一覧

EUのPFOS規制、GSマーク認証のPAH評価等の規制



 

EU(欧州連合)の化学物質規制でまず思い浮かぶ規制はRoHS指令やREACH規則だと思いますが、EUでは、RoHS、REACHだけでなく、化学物質の規制が数多くあります。

 

化学物質の規制の多くは指令であることが多く、国内法に落とし込みされることになります。 国内法が制定された後に、加盟国で適用されることになります。 REACHのような規則では、EU域内で統一された規制が直接適用されることになります。

 

EUの化学物質規制としては、例えば、

  • PCB及びPCTの廃棄に関する指令
  • PFOS規制(特定の危険な物質及び調剤(ペルフルオロオクタンスルホン酸:PFOS)の上市と使用の規制):76/769EECの付属書Iの改定
  • 玩具の安全性に関する理事会指令

などがあり、EU加盟各国で制定されるている規制には、

  • ドイツの日用品法令
  • デンマークの玩具へのフタレート禁止命令

などがあります。

 

EU指令や規則ではないですが、ヨーロッパだけでなく、世界各国でも利用されているGSマーク認証などでも、PAH評価(多環芳香族炭化水素の評価)が必要になるなど、化学物質に関する規制はどんどん広がりを見せています。

 




[EU他]その他の化学物質規制記事一覧

GSマーク認証はドイツの法律に基づいて認証される製品安全の認証です。 対象は玩具や自転車、ヘルメット、コピー機、ファックス、シュレッダー、プリンタなどの事務用機器などがあります。 日本のSGマーキングとよく似ています。PAH評価では、PAHを分析するなりして評価することになります。 PAHはPAHsとも表記される物質群で、多環芳香族炭化水素という分類で分けられている有機化合物です。 PAHの多くが...

POPs条約(ストックホルム条約とも呼ばれています)は、残留性有機汚染物質(POPs)の製造および使用の禁止、排出の削減についての規制です。POPs条約の付属書に追加された物質は、日本では化審法によって規制されることになります。POPs条約の新規追加物質として、締結国会議ではさまざまな物質が検討されますが、2009年5月に行われたCOP4で付属書に追加が決定された新規POPsは次のようになります。...

デンマークでフタル酸エステル規制が正式に公布されました。EU域内の統一された規制、例えば指令や規則ではなく、デンマーク独自の法律です。いろいろと噂はあったのですが、EU法に違反しているということで、規制開始は見送られるのではないかという話も出ていました。しかし2012年11月30日、正式にデンマークの官報に公布されています。規制の主な内容は以下のとおりです。デンマークのフタル酸エステル規制規制概要...

デンマークでフタル酸エステル類に関する規制が公布されたことをデンマークのフタル酸エステル規制のページで紹介しましたが、2013年12月の発効予定を2年延期するという情報が5月21日に発表されました。規制開始日の延期もともとの公布内容(発効日)は、電気電子機器以外の製品:2013年12月1日電気電子機器製品:2014年12月1日となっていましたが、その後、デンマークの環境省から「Phthalate ...

カリフォルニア州のプロポジション65の対象物質(化学品)リストの最新版が公表されました。化学物質が追加されて、2012年11月2日付で更新されたようです。プロポジション65とは、正式名称:Proposition65 Safe Drinking Water and Toxic Enforcement Act of 1986(1986年 安全飲料水および有害物質施行法)で、作業者や消費者が有害物質に暴...

有毒である水銀について、採掘、製造や輸出、輸入を禁止する「水銀に関する水俣条約」が2013年10月10日、採択されました(一部、適用除外用途があります)。電気電子製品で主に関係するのは「水銀添加製品」になりますが、具体的な規制対象製品と規制開始期限は条約の付属書A(AnnexA)に定められています。適用除外用途、規制対象製品、規制開始期限は以下のようになりました。2013年10月現在、日本では具体...