改正RoHS指令の禁止追加物質



RoHS2禁止物質が6物質から10物質へ

RoHS2の規制概要はこちらでまとめています。

 

2015年6月4日、RoHS2の禁止物質(制限物質)を定めた2011/65/EUのAnnexUを置き換える(EU) 2015/863が公布されました。

 

官報はこちらのP10から。

Commission Delegated Directive (EU) 2015/863 of 31 March 2015 amending Annex II to Directive 2011/65/EU of the European Parliament and of the Council as regards the list of restricted substances

 

この官報公布により、RoHS2の禁止6物質に4物質が追加され、規制される物質は合計10物質になりました。

 

禁止(制限)10物質と閾値

(EU) 2015/863で定められた(置き換えられる)禁止10物質と規制される濃度(閾値)は以下のとおりです。追加になった4物質はいずれもフタル酸系の物質です。

 

禁止物質

規制濃度(閾値)

備考

0.1wt%(1,000ppm)

 

水銀

0.1wt%(1,000ppm)

 

六価クロム

0.1wt%(1,000ppm)

 

PBB(ポリブロモビフェニル)

0.1wt%(1,000ppm)

 

PBDE(ポリブロモジフェニルエーテル)

0.1wt%(1,000ppm)

 

カドミウム

0.01wt%(100ppm)

 

DEHP(フタル酸ジ-2-エチルヘキシル)

0.1wt%(1,000ppm)

新規追加物質

BBP(フタル酸ブチルベンジル)

0.1wt%(1,000ppm)

新規追加物質

DBP(フタル酸ジ-n-ブチル)

0.1wt%(1,000ppm)

新規追加物質

DIBP(フタル酸ジイソブチル)

0.1wt%(1,000ppm)

新規追加物質

 

追加された4物質は、2015年6月現在、日本国内で普通に使用されている物質もあります。
特にDEHPは電線の被覆やプラスチック類などのの可塑剤として使用されていますが、今後、RoHS2の禁止物質に追加されたことから、代替化が進むと考えられます。

 

規制開始時期

今回追加された4物質を含め、合計10物質の規制が始まる時期は、カテゴリによって定められています。

  • カテゴリ1〜7、10、11:2019年7月22日
  • カテゴリ8、9:2021年7月22日

 

改正RoHS指令2011/65/EUで初めて追加になったカテゴリ11の規制開始も2019年7月22日であることに注意が必要です。

 




RoHS2禁止物質に4物質追加、合計10物質に(2015年6月4日)関連記事

RoHS追加候補9物質一覧(2008年6月)
RoHS指令の対象となる化学物質は随時見直されます。
2008年6月には追加候補物質として9物質が絞り込まれました。
RoHS追加物質→評価指定5物質内部指令案一覧(2008年11月)
RoHS指令の追加物質として9物質が候補に挙がっていましたが、
現状規制の6物質(群)への新規追加は行わず、
臭素系難燃剤5物質を評価するよう指定されたようです。
RoHS指令改正案指定4物質一覧(2008年12月)
RoHS指令改正案(2008年12月)では新規の規制追加物質はありませんでしたが、
最終的に、可塑剤等の用途で用いられている4物質が付属書Vに提案されました。
REACHの評価手続き等に則って、今後禁止物質になる可能性があります。
改正RoHS指令の追加物質候補(2013年10月)
改正RoHS指令(RoHS2)では新規の規制物質の追加はありませんでしたが、 規制物質の定期的な見直しの結果、4物質が新規に追加となりそうです。