22次SVHCリスト(Candidate List候補)



第22次 SVHCリスト候補物質(4物質)

最新のSVHC追加候補物質リストは第22次SVHC候補物質リストです。
また、最新のSVHC追加物質リストは第21次SVHCリストですので、ご参照ください。

 

2019年9月3日、第22次SVHC候補物質のパブリックコンサルテーションが始まりました。
今回の提案は4物質で、Deadline(コメントの受付終了日)は2019年10月18日までです。

 

ECHAトップページの「Public Consultations」から、こちらの Substances of very high concern identification のページへ飛ぶと最新内容が確認できます。

 

REACH 第22次SVHC追加候補4物質一覧

英語と日本語での和訳は以下。
表の下、横スクロールで表の右側が参照できます。

No.

物質名

物質名和訳

EC Number

CAS登録番号

提案理由

1 2-benzyl-2-dimethylamino-4'-morpholinobutyrophenone 2-(ジメチルアミノ)-1-(4-モルホリノフェニル)-2-ベンジル-1-ブタノン 404-360-3 119313-12-1 第57条c)Toxic for reproduction:生殖毒性
2 2-methyl-1-(4-methylthiophenyl)-2-morpholinopropan-1-one 2-メチル-1-(4-メチルチオフェニル)-2-モルホリノプロパン-1-オン 400-600-6 71868-10-5 第57条c)Toxic for reproduction:生殖毒性
3 Diisohexyl phthalate ジイソヘキシルフタレート 276-090-2 71850-09-4 第57条c)Toxic for reproduction:生殖毒性
4 Perfluorobutane sulfonic acid (PFBS) and its salts※ ペルフルオロブタンスルホン酸(PFBS)とその塩 第57条f)Equivalent level of concern having probable serious effects on the environment:環境に対する重大な影響をもたらすおそれと同等レベル

第57条f)Equivalent level of concern having probable serious effects on human health:人に対する重大な影響をもたらすおそれと同等レベル

 

 

※No.4のPerfluorobutane sulfonic acid (PFBS) and its saltsは、この名称でのCAS No.はないのですが、Perfluorobutane sulfonic acidではCAS No.:375-73-5があります。カリウム塩ならCAS No.は29420-49-3です。
また、別名:ノナフルオロ-1-ブタンスルホン酸と呼ばれています。

 

 

第22次SVHCリストが確定するのは2019年12月頃、第23次SVHC候補リストが公開されるのは2020年3月頃と予想されます。
また、現状でSVHCリストには201物質が収載されていますので、今回の4物質がSVHCに追加されると、合計205物質が収載されることになります。

 

第22次SVHC候補4物質一覧(2019年9月3日)関連記事

SVHC候補16物質一覧(2008年6月)
REACHのSVHCリストの掲載候補として、16物質が公開されました。
パブリックコメント募集の後、SVHCが決定されます。
第2次SVHC追加候補物質(2009年9月)
SVHC追加候補物質が2009年9月1日に公表されました。
第2次のSVHCリスト掲載候補物質で、15物質あります。
第3次SVHC追加候補物質(2010年3月)
REACHのSVHCとして、第3次追加候補物質が公表されました。
今回はホウ酸類とニクロム酸類が含まれています。
第4次SVHC追加候補物質(2010年8月)
第4次のSVHCリスト(Candidate List)追加候補11物質が公表されました。2010年10月14日まで、コメントが受け付けられています。
第5次SVHC候補7物質(2011年2月)
第5次のSVHCリスト(Candidate List)への追加候補物質として7物質が挙がりました。
第6次 SVHC候補物質一覧(2011年8月)
第6次SVHC候補物質(Candidate List収載候補物質)として、2011年8月29日、20物質のパブリックコンサルテーションが開始されました。
第7次SVHC候補13物質一覧(2012年2月)
第7次SVHC候補物質(Candidate List収載候補物質)として新たに13物質が候補に挙がり、2012年2月28日からパブリックコンサルテーションが開始されています。
第8次SVHC候補54物質一覧(2012年9月)
第8次SVHC候補物質(Candidate List収載候補物質)として新たに54物質が候補に挙がりました。54物質の物質名の和訳、CAS No.などを解説します。
第9次SVHC候補10物質一覧(2013年3月)
第9次SVHC候補物質(Candidate List収載候補物質)として新たに10物質が候補に挙がりました。10物質の物質名の和訳、CAS No.などを解説します。
第10次SVHC候補7物質一覧(2013年9月)
ECHAが、SVHC(Candidate List収載物質)案として7物質を提案しました。今回は、顔料や染料が挙がっているのが特徴です。7物質の物質名の和訳、CAS No.などを解説します。
第11次SVHC候補4物質一覧(2014年3月)
第11次SVHC候補物質として4物質のコンサルテーションが始まりました。物質名の和訳とCAS No.などを解説します。
第12次SVHC候補10物質一覧(2014年9月)
2014年9月1日、第12次SVHC候補物質として10物質のコンサルテーションが始まりました。RoHS2追加物質見込みのフタル酸4物質が再提案されているところが特徴的です。物質名の日本語訳とCAS No.などを解説します。
第13次SVHC候補2物質一覧(2015年3月)
2015年3月2日、第13次SVHC候補物質として2物質のコンサルテーションが始まりました。どちらも混合物としても指定されているところが特徴的です。物質名の日本語訳とCAS No.などを解説します。
第14次SVHC候補7物質一覧(2015年8月)
2015年8月31日、第14次SVHC候補物質のコンサルテーションが始まりました。今回は第9次に詳細を検討するとしていた2物質が追加になっているのが特徴的です。物質名の日本語訳とCAS No.などを解説します。
第15次SVHC候補4物質一覧(2016年2月)
2016年2月29日、第15次SVHC候補物質のコンサルテーションが始まりました。今回SVHC候補物質(Candidate List収載物質)として挙がったのは4物質です。物質名の日本語訳とCAS No.などを解説します。
第16次SVHC候補6物質一覧(2016年9月)
2016年9月6日、第16次SVHC候補物質が公開されました。今回のSVHC候補物質(Candidate List収載物質)は6物質です。物質名の日本語訳とCAS No.などを解説します。
第17次SVHC候補2物質一覧(2017年3月)
2017年3月9日、第17次SVHC候補物質が公開されました。今回のSVHC候補物質(Candidate List収載物質)は2物質です。物質名の日本語訳とCAS No.などを解説します。
第18次SVHC候補9物質一覧(2017年9月)
2017年9月5日、第18次SVHC候補物質が公開されました。今回のSVHC候補物質(Candidate List収載物質)は9物質です。物質名の日本語訳とCAS No.などを解説します。
第19次SVHC候補8物質一覧(2018年3月)
2018年3月8日、第19次SVHC候補物質が公開されました。今回のSVHC候補物質(Candidate List収載物質)は8物質です。物質名の日本語訳とCAS No.などを解説します。
第20次SVHC候補6物質一覧(2018年9月4日)
2018年9月4日、第20次SVHC候補物質が公開されました。今回のSVHC候補物質(Candidate List収載物質)は6物質です。コールタール、ピッチと関連のあるピレンが候補に挙がっています。物質名の日本語訳とCAS No.などを解説します。
第21次SVHC候補3物質一覧(2019年3月13日)
2019年3月13日、第21次SVHC候補物質が公開されました。今回のSVHC候補物質(Candidate List収載物質)は3物質です。物質名の日本語訳とCAS No.などを解説します。