RoHS2 新規追加物質候補一覧



RoHS2 新規追加候補4物質一覧(2013年10月)

2015年6月4日、RoHS2の禁止物質(制限物質)を定めた2011/65/EUのAnnexUを置き換える(EU)2015/863が公布されました。
この官報公布によりRoHS2禁止物質6物質に4物質が追加され、合計10物質になりました

詳しくはこちらのページで。

RoHS指令では、使用が制限される物質(規制物質)として6物質が定められていますが、この制限物質は定期的な見直しが行われることになっています。
11物質が候補の物質(詳細な評価を行う物質)として挙がっていましたが、最終的に以下の4物質に候補が絞られたようです。

 

追加候補物質・規制濃度(閾値)

 

いずれもREACHの認可対象物質であり、また、RoHS2では、優先的に評価する物質として挙がっていた物質です。
なお、HBCDはPOPs条約で、附属書A(廃絶)に追加されることが決定している物質でもあります。

 

この4物質のうちDEHPは、電機電子業界では電線の被覆やプラスチックの可塑剤など、ごくごく普通に使われている物質です。
含有濃度は数%程度、中には10%を超えるものもあるらしいという情報もあります。

 

HBCDについては、POPs条約を受け、日本では化審法で規制(禁止)されることになるので、成形品のみを扱っている企業はさほど問題にしなくてもよさそうです。
4物質が候補に挙がっていますが、HBCDはPOPs条約の絡みもあるので、RoHS指令では規制の追加物質には挙がらない可能性もあるようです。

 

適用開始時期

RoHS2の改正(改定)が2014〜2015年頃、そこから猶予期間が1年〜1年半くらいあると見込まれているので、適用開始時期は2016〜2017年頃になりそうです。

 

参考:RoHS指令の規制物質について

RoHS指令では、規制物質(禁止物質)は各々の物質での規制値(閾値)が定められています。
RoHS指令改正時の規制物質・規制濃度(閾値)は以下の6物質です。

  • 鉛:1,000ppm(0.1%)
  • 水銀:1,000ppm(0.1%)
  • 六価クロム:1,000ppm(0.1%)
  • PBB(ポリ臭化ビフェニル):1,000ppm(0.1%)
  • PBDE(ポリ臭化ジフェニルエーテル):1,000ppm(0.1%)
  • カドミウム:100ppm(0.01%)

 

規制物質については、定期的に見直しが行われます。
先回の見直し(RoHS改正)では、規制物質の追加は行われず、代わりにRoHS指令本文に優先的に評価する物質として上記4物質が記載されました。

 

新規規制物質から外れた5物質

RoHS指令の新規の追加規制物質の候補としては、当初、コンサル会社であるOko-Institutからの提案で、9物質が挙げられていましたが、最終的に以下の5物質は提案から外れています。

 

  • Tetrabromo bisphenol A[TBBP-A](テトラブロモビスフェノールA)
  • Medium-chained chlorinated paraffins[MCCP](中鎖塩素化パラフィン)
  • Short-chained chlorinated paraffins[SCCP](短鎖塩素化パラフィン)
  • Nonylphenol/Nonylphenol ethoxylates(ノニルフェノール/ノニルフェノールエトキシレート)
  • Organochlorine and organobromine compounds(有機塩素剤/有機臭素化合物)

 

今回の改正RoHS指令案では新規の規制追加物質とはなりませんでしたが、REACHのSVHCやノルウェーのPoHS(スーパーRoHS法)で提案されている物質もあり、今後の動向に目が離せません。
最新情報には目を光らせておきたいところです。

 

関連記事 : RoHS追加候補9物質一覧(2008年6月)

 

改正RoHS指令の追加物質候補(2013年10月)関連記事

RoHS追加候補9物質一覧(2008年6月)
RoHS指令の対象となる化学物質は随時見直されます。
2008年6月には追加候補物質として9物質が絞り込まれました。
RoHS追加物質→評価指定5物質内部指令案一覧(2008年11月)
RoHS指令の追加物質として9物質が候補に挙がっていましたが、
現状規制の6物質(群)への新規追加は行わず、
臭素系難燃剤5物質を評価するよう指定されたようです。
RoHS指令改正案指定4物質一覧(2008年12月)
RoHS指令改正案(2008年12月)では新規の規制追加物質はありませんでしたが、
最終的に、可塑剤等の用途で用いられている4物質が付属書Vに提案されました。
REACHの評価手続き等に則って、今後禁止物質になる可能性があります。
RoHS2禁止物質に4物質追加、合計10物質に(2015年6月4日)
改正RoHS指令(2011/65/EU)で定められていた禁止物質(制限物質)6物質に、2015年6月4日、フタル酸系の4物質を追加する官報が公布されました。これにより、禁止物質は10物質になりました。